観察減価法

対象不動産について、設計、設備等の機能性、維持管理の状態、補修の状況、付近の環境との適合の状態等各減価の要因の実態を調査することにより、減価額を直接求める方法

Previous 還元利回り
Next 鑑定評価
Table of Contents