お役立ち事例

不動産交換の特例

○不動産を交換する際、譲渡所得に対する課税を繰り延べる特例を適用するためには、「交換する不動産の価格の差額が高いほうの20%以内」でなければなりません。

路線価方式で評価した場合に差額が20%を超えていた土地について、当社鑑定評価によって差額が20%以内であることを証明し、交換が認容され、節税に成功しました。


例 埼玉県○○市
AとBがそれぞれ持分を1/2ずつ持っている土地の持ち分を交換し、単独所有の土地に整理

jirei-pict1
差額特例適用
路線価方式による評価5,200万円3,500万円32.7%×
鑑定評価額4,400万円4,200万円4.5%
一覧へ戻る